2020年3月14日土曜日

山中温泉アイスストリート



情報委員のK.Tです。



 「湯の本町商店街通り」の案内板にしたがって散策してみました。

 八百屋さんのりんごシャーベットや、自転車屋さんの甘酒キャンディー、肉屋さんのフライドアイスクリーム、パン屋さんのクリームチーズアイス、中華屋さんの山中醤油アイス、米屋さんの米粉と能登大納言ジェラートなど色々ありますが、今回は獅子の里さんの酒粕ソフトをいただきました。



 「山中座」には、菊の湯アイスキャンディーが販売されています。硫酸塩泉の源泉をベースに菊花を散らした清涼感あふれるキャンディーです。

ここで一句
「足湯楽し ほてった体に 菊花キャンディー」


雛人形



情報委員のK.Tです。


 最近は木目込み雛が人気とか?

 木製の人形に布の端を押し込んで衣装を着ている様に仕立てられているので、出したり仕舞ったりするのに、形が崩れてしまう心配が無いことや、全体に丸みを帯びた姿が愛くるしく素朴であたたかみがある雰囲気が人気の理由ということです。
 
彩色しただるまでおひなさま
 「藤枝だるま」に彩色しておひなさまをつくったものです。

ここで一句
「年代物の 木目込み雛や 母手作り」

2020年2月21日金曜日

ひのき細工


情報委員のK.Tです。

 何とも味のあるねずみのひのき細工。

 昨年の干支、いのししの親子もあたたかい思いが伝わってきます。

 ひのき細工の歴史は古く、江戸初期に白山麗の旧尾口村深瀬地区を訪れた旅の僧が、村民にひのき笠の作り方を伝授したのが始まりだそうです。
 ひのき笠は軽く、通気性が良く、耐久性もあり山仕事や農作業に利用されました。精巧な編み目は熟練のなせる技です。

ここで一句
「春近し 母の自慢の ひのき笠」

2020年2月20日木曜日

加賀一の宮駅舎



情報委員のK.Tです。

 北陸鉄道の石川線は、もともとこの「加賀一の宮駅」まで運転されていましたが、200911月に、鶴来駅から加賀一の宮駅までの区間2.1kmが廃止されました。
休憩所になっています。

 1927年に竣工されたこの駅舎は、白山比咩神社の門前駅にふさわしい木造建築です。廃線後、取り壊されることも協議されましたが、現在は手取川キャニオンロードを利用する人たちの休憩施設として活用されています。

ここで一句
「雪解の 手取峡谷 黄門橋」


2020年2月19日水曜日

令和の梅 ほころぶ



情報委員のK.Tです。
俳句館のお庭は無料開放されています。

 千代女の里 俳句館に隣接する日本庭園「紫雲園」に植樹された「令和の梅」が初開花しました。
 令和の梅は、令和元年51日の改元時に命名されたものです。


俳句館の室内からも楽しめます。

 その開花を心待ちにしていましたが、ついに令和225日頃、一輪咲きました。3月上旬には満開になる見込みです。

ここで一句
「初開花 令和の梅の 白一輪」


2020年1月11日土曜日

白山市消防出初式



情報委員のK.Tです。
令和2年1月4日(土) 白山市役所庁舎前で
出初式が行われました。

音楽隊が華を添えます

白下帯姿で入場

女性団員はこの姿でまといを振り、放水します

音楽隊の演奏に合わせ、23分団の消防ポンプ車のパレードや
白下帯姿の団員による一斉放水が行われました。
見ているだけでも寒い日でしたが、団員の皆さんの心意気に
感謝の念を強くしました。
女性団員のまとい持ちの方もいて、その活動に拍手し、賛意を表しました。

ここで一句
「放水の 天衝くごとき 出初式」


2020年新春 松任芽



情報委員のK.Tです。


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は「オリンピックイヤー」
たくさんの感動と歓喜に満ちた年となることでしょう。
 
松任芽は福寿草の早咲種です
「松任芽」も黄金色の花を咲かせています。
松任に生活するようになって初めて知ったこの愛らしい福寿草
「松任芽」を鑑賞することで、お正月を迎えた喜びを感じています。

ここで一句
「『かわいいね』と ささやきかける 福寿草」