2019年8月23日金曜日

サマーフェスティバルHAKUSAN2019

私たち女性会は飲み物販売でお手伝いです。


情報委員のK.Tです。

 818日(日)、松任総合運動公園にて、
サマーフェスティバルHAKUSAN2019が開催されました。
暑いので冷たいドリンクは大人気

 当日は、星稜高校対仙台育英高校との準々決勝の日でもあり、サマーフェスティバル会場でも途中経過のアナウンスも入り、得点が入るたびにいたる所で拍手が沸いていました。

かわいくダンス

カッコ良くきめて!


 夕方からは、市内の園児によるダンスが披露されました。ヒップホップダンスや、チアダンス、よさこい踊りなど、楽しく元気に動き回る子どもたちから、たくさんの元気をもらえましたよ。
手拍子にのって

ポンポンで元気に


ここで一句
「チアダンス 日焼け女子等の ポニーテール」


2019年7月13日土曜日

SDGsとは


情報委員のK.Tです。

 国連で採択された「持続可能な開発目標」
 2030年までに達成するために掲げられた17の目標です。
目標と芸人さんの似顔絵パネル

 白山市では、笑いで社会に貢献することを目指す吉本興業の石川県住みます芸人「ぶんぶんボウル」の二人を「白山市SDGs推進大使」として任命し、市内の小学生を対象にクイズや笑いを交えながら、SDGsの普及啓発活動を推進するそうです。

 写真のパネルは、SDGs啓発イベントの一つで図書館に展示されていたものです。
 吉本興業では子供たちに「今、地球は病気です。一人一人がお医者さんになることで、地球を守ることが出来ます。」と伝えています。

ここで一句
「似顔絵を 指差す子等の SDGs」

2019年7月12日金曜日

ひょうたん


情報委員のK.Tです。
 白山市役所や、松任駅・俳句会館前に「松任愛瓢会」の皆さんによる丹精込めた青瓢(あおふくべ)の鉢植えを見つけました。
根元に解説カードがついています

「百生や つるひと筋の 心より」千代女の句です。
 人の行いは、一つの心から出るもの、人の幸せとは暮らし向きの貧富に関係なく、心の持ち方一つなのだと詠んでいます。
涼しげな影をつくるひょうたん

 小さな「千成ひょうたん」が鈴なりになっています。梅雨どきには夏の一服の清涼剤のように感じられます。

ここで一句
「ひょうひょうと 風に揺れるや 青瓢」

2019年6月15日土曜日

新緑の季節もつかの間


新緑の季節もつかの間
まぶしい緑 ささゆり
情報委員のM.Hです。
新緑の季節もつかの間、真夏を思はせるような日曜日。小松の山あいにあるお蕎麦屋さんへ出かけた。結構山なので、3度ほど低くひんやりする。
必ず決まって頂くのが、おろし蕎麦と岩魚のから揚げですが、岩魚は頭の先からしっぽまで骨ごと美味しく頂くことができます。山菜の天ぷらも今の季節しか味わえないので頂く。
 よく手入れされた庭には、山野草、ささゆり、そしてクレマチスに似た日本古来のかざぐるま等が咲いていて、目を楽しませてくれます。
かざぐるま


ひと山超えたら福井の勝山ですが、今日は白山市吉野北(旧吉野谷村)にある喫茶店で美味しいあっぷるぱいとコーヒーで話に花を咲かせる。

至福のひとときです。

遠くに足をのばすのもいいものですが、近いところに癒さる場所があるという事がとても嬉しい。


ここで、KTさんのように一句をと思うのですが、どうでしょう。。。

「やさしい風 においのさきに ささゆりが」


2019年6月9日日曜日

京都「曼殊院」




情報委員のK.Tです。
 曼殊院は、紅葉の名勝地、また「小さな桂離宮」と言われ、枯山水庭園が見所となっています。
 水の流れをあらわした砂の中に、鶴島と亀島が配置され樹齢400年の五葉松やキリシタン灯篭があります。


 寺院の中廊下に谷崎潤一郎寄贈の梵鐘を発見しました。小説「少将滋幹の母」を執筆する際、この寺院を訪れ、門主に天台の数学を学んだそうです。


ここで一句
「老鶯の 声を限りに 五葉松」

2019年6月8日土曜日

京都「泉涌寺」




情報委員のK.Tです。
 京都には、皇室ゆかりのお寺があります。「仁和寺」や「大覚寺」そして、「泉涌寺」です。泉涌寺は、南北朝時代から安土桃山時代まで、歴代天皇の葬儀が行われていました。そして皇室の祈願寺となり「御寺」と呼ばれています。


 大門を入って左手奥の堂内に安置されている聖観音像(重文)は別名「楊貴妃観音」と呼ばれています。すばらしい透かし彫り宝冠や彩色の美しい観音様です。

ここで一句
「万緑や 京の御寺の 聖観音」

2019年6月7日金曜日

京都御所



紫宸殿

情報委員のK.Tです。
平成287月より、京都御所は通年公開となりました。
正門は「建礼門」、正殿は「紫宸殿」です。この紫宸殿では、明治天皇、大正天皇、昭和天皇の即位式が行われました。




 中央には、天皇の御座「高御座」がありますが、現在は今上陛下の即位礼の為、東京に運ばれています。清涼殿は、日常生活を送る御殿、池を中心とした回遊式庭園の御池庭、明治天皇が東京へ遷るまで住まわれておられた御常御殿など見所はいっぱいあります。

ここで一句
「新緑や 御所のお庭の 水鏡」